賃貸を斬る!間取りの特徴

行政書士

違ったアプローチで行政書士合格を目指す

ここ数年の行政書士の合格率を見てみると、10パーセントにも満たない数字です。非常に合格が難しく、何度受験しても合格できないという人もいます。

いきなり合格を目指す事に対してハードルが高いと思う場合には、まず別の資格から目指すという方法もあります。

一部ですが試験で問われる内容が同じ宅建という資格があります。宅建の方が合格しやすいと話している人もいます。行政書士がどうしても難しいと感じる人はまず宅建を取得してから、目指すといいかもしれません。

しかし、宅建は不動産関連の内容がメインとなりますので当然異なる部分も出てきます。この様に複数の資格を取ってダブルライセンスを活用して仕事をしている人も増えている様ですね。

ページのトップへ戻る